地域の皆様の生活のお手伝いをしております。なんでも気軽にご相談ください。

メニュー
TOP
会長挨拶&組織概要・組織図
事業計画(30年度)
事業報告(29年度)
入会案内
活動報告(28・29年度)
会報誌(Bonくらーじゅ)
お悩み相談&お問合せ
外部評価



1. 組織強化委員会 
・委員会を3回実施、その中で29年度会員の未更新者へ電話連絡を行い、継続を呼びかけた。
・介護の学舎や身体拘束廃止フォーラムにおいて会のPR活動に協力した。
・事業所を訪問し、会のPRや研修の周知を行った。
・新入会員の歓迎会を行い、新入会者に会の活動報告、情報提供を行った。

2.連携強化委員会
・養成校との共催で「介護の学舎」を実施し、講座の担当講師や学生ボランティアスタッフ等として協力を頂き、養成校との連携を図った。
「介護の学舎」開催に向け委員会を5回実施し、関係団体から多くの協力を頂いた。参加者・スタッフ共に満足感・充実感・笑顔いっぱいで参加者も200名、大成功だった。
・卒業予定の学生に対して学校訪問し、入会説明を行った結果17名が入会した。
・静岡県総合社会福祉会館主催事業のフェスタシズウエルへ参加し、県民に対し高齢者疑似体験により高齢者の心身の状況に触れる機会とした。また、県民・他団体へ会の周知ができた。
・4団体合同研修は、県介護支援専門員協会が担当し、事前打合せから企画、実施、当日の運営に協力した。

3.青年委員会
・委員会を3回実施した。
・「介護の学舎」では、ぼけナイトによる音楽療法を実践し認知症介護予防講座を担当した。また、終日「介護カフェ」にて「介護っていいね!」をテーマに情報交換、語りの場とした。
・進学フェスタ13歳のハローワークでは介護福祉士会ブースにて介護福祉士の説明を行った。

4.制度政策委員会
・県内の介護福祉士の就労実態や生涯学習に関する課題等を把握し、今後の会の活動発展に反映させ、制度の充実を図っていくために「第2回静岡県在住の介護福祉士の実態調査」のアンケート調査を行った。次年度取りまとめて周知していく予定とした。
・「11月11日介護の日」の周知活動として、11月10日(金)、静岡県老人福祉施設協議会と協賛し、県内3会場にて販促品を配布した。

5.調査研究委員会
テーマごと任意で活動しているが、今年度は学会等で発表するには至らなかった。

6.災害対策委員会
全体研修 第1回災害ボランティア研修
実施日  7月23日(日) あざれあ会議室
受講生  会員 23名 一般 6名
「過去の事例について学ぶ」 講師 NPO法人 レスキューストックヤード 浦野愛氏


地域別演習 (ボランティアの基本、机上訓練)
東部 9/9 特養いづテラス   会員 8名      
中部 9/2 特養蜂ヶ谷園    会員 14名  一般3名
西部 9/10 特養第二長上苑  会員 7名
マッチング・派遣訓練
実施日 10月28日(土)
派遣施設 小規模多機能ホーム 西草深    会員9名参加
※支援希望内容のマッチング、現場への派遣訓練、支援先施設での職員との連携体験を行った。

7.障がい福祉委員会  
1.精神障がい者・自閉症スペクトラムの対応研修
実施日  6月10日(土) 会場 シズウエル101
受講生  会員 15名  一般32名
「精神疾患の理解と対応方法」について (高齢化について考える)
講 師   澤野文彦氏(静岡県精神保健福祉士協会会長)
「自閉症スペクトラムの特性の理解と生活支援」について(高齢化の対応について)
講 師    津田明雄氏(静岡県自閉症協会会長)

2.ICFに基づく障がい者の理解と支援者のドリームマップ
実施日  10月29日(日) 会場 シズウエル601
受講生  会員10名 一般11名
「ICFの視点に基づく障がい者への生活支援について」
講 師  鈴木俊文氏 (静岡県立短期大学部社会福祉学科 講師)
「ドリームマップ」―夢への道しるべ―
講 師  斉藤菜穂子 一般社団法人ドリームマップ普及協会所属
3.高齢化に伴う知的障がい者の理解と対応研修 (助成事業)
実施日  12月16日(土)  会場 シズウエル103
受講生  会員17名  一般39名
講 師  鈴木美枝子氏 (いわき短期大学 幼児教育科教授)
4.障がい者支援事例発表会
実施日  2月3日(土)  会場 シズウエル601
受講生  会員9名  一般16名
※各事業所から5名発表を行った。お互いに学び合う機会となった。

8.広報委員会
(1)ホームページへ年間計画、新着情報、活動状況を発信し、会の周知に努めた。
(2)会報誌Bonくら〜じゅを通して、会の情報提供、活動報告を会員及び関係機関に配布した。
(3)会のイメージキャラクターを公募の上決定、チラシやポスターに登場させ活躍を期待したい。

9.講師養成・選定委員会
県内事業所、関係機関からの講師依頼に対する講義内容の検討や講師選考等、また講師の質の担保のための講師養成研修を実施した。

【講師派遣事業】
1.島田市社会福祉協議会かわね事業所
開催日11月2日(木)  内容「移動・移乗について」
講師岡野たか子
2.特別養護老人ホームつばさ  
開催日 12月12日(火)  内容「リスクマネジメント」
講師 小沼克典
*その他静岡市保健福祉長寿局健康福祉部からの依頼等56件に対応した。  

10.外部評価事業委員会
1.外部評価調査員の委嘱  19名
2.調査実施件数      13件
3.外部評価調査員による訪問調査の実施
調査報告書に基づき結果をとりまとめ、ワムネットへの公開手続きまでの、一連の作業を実施した。
    
11.その他
(1)ケアフェスタ
ケアコンテストの課題作成から当日の運営全般に協力した。会場内ブースにて高齢者疑似体験コーナー、キッズの介護体験コーナーで会のPRを行った。
(2)介護技術出前講座
県内の小規模な介護事業所職員が介護の知識・技術を学ぶことで介護の質の向上及び介護職員の職場の定着ができるよう、会員講師の協力を得て200件実施した。
(3)高齢者権利擁護等推進事業
1.身体拘束廃止推進員養成研修
開催日  9/19・25   1/25・26
会場  シズウエル703
受講者数  63名    修了者数 59名
権利擁護や身体拘束の意義を学び、自職場での実態を把握し、身体拘束廃止取り組み報告を行った。
2.身体拘束廃止フォーラム
開催日 2月26日(月)  会場:グランシップ   参加者533名
*医療法人財団百葉の会 介護老人保健施設星のしずく看介護部長 高口光子氏による講演と研修修了者による実践報告会を行い、その後会場を巻き込んでのQ&A方式による意見交換会も好評だった。
(4)その他
1.定時総会の運営  5月21日(日)シズウエルにて実施、記念講演に石本会長が講演した。   
2.理事会の運営   4/28・5/21・8/9・12/15・2/25 5回実施した。
3.ワーキング活動の推進 
ワーキング登録会員により、各種研修において当日の準備、進行、講師対応等速やかに運営できるよう協力した。    


  
4.全国大会、日本介護学会、東海北陸ブロックリーダー研修参加の促進
・7月15〜16日 第24回公益社団法人日本介護福祉士会 全国大会 第15回日本介護学会inとやま にて「介護福祉士のより高い専門性を目指して」をテーマに
開催され静岡県支部から33名参加した。
・11月18日 岐阜県にて東海北陸部ブロックリーダー研修「動き始めた“認定介護福祉士”」
をテーマに開催された。翌日正副会長会議が開かれた。
・1月13日 石川県にて東海北陸ブロックリーダー研修 「地域包括ケア実現のために」をテーマに開催された。翌日正副会長会議が開かれた。





トップページ